想いConcept

ありとあらゆる接触面を

Facebook

キンキラな開発special interview

Vol.1抗菌素材アースプラス開発会社
株式会社信州セラミックス
代表取締役社長 櫻田 理様
「キンキラ誕生の原点」

『看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを適切に整え、これらを活かし用いること 』

記念すべき第1回 “キンキラな開発”では、キンキラの原点でもある抗菌素材「アースプラス」の開発者であり信州セラミックス社代表取締役の櫻田 理様にお話を伺いました。 キンキラは、「アースプラス」の高い抗菌性能と、櫻田社長の感染症防止への想いに助けられて誕生しました。その原点ともいえる「アースプラス」の普及状況や今後の展望、キンキラへの想いを伺いました。

アースプラスの普及状況

病院の感染対策の研究や評価を開始してから20年が経過しました。 本当にあっという間です。。主力商品である空気清浄機は病院向けと 家庭向けを合わせると4万台を超えました。本当にありがたい限りです。

アースプラスの展望

本来感染経路は、接触感染が大多数です。そのラインナップを増やしたい、そしてその実効性を医療現場で有効性を検証し、本当に必要とされる技術ブランドに育てたいと考えています。

キンキラ誕生の時に感じたこと・考えたこと

『これこそ医療現場が待ち望んでいた商品!』と感じました。 喜んで頂ける医療従事者様、看護師様の顔が目に浮かびます!

キンキラ製造にあたり苦戦したこと(アースプラス目線で)

失敗の連続からスタートし商品化に2年を要しました。。繊維への応用は経験と実績がありましたが、こういった非繊維へのコーティングは、また別世界で、、スタッフが上市まで累計何十万回も打痕テストしていたのが懐かしいです。。

評価試験(信州大学病院)の結果についての感想

非常にシビアな検査条件でした。多剤耐性菌の代表菌種であるMRSAを用いたこと、菌は市販されているMRSAもありますが、あえて実際の入院患者様から 培養した臨床分離株であること、限りなく実環境に近い検査条件の中、短時間で効果が出ている結果に安心と満足しております。

今後のキンキラについて考えていること・期待していること

病院の標準予防策の中にも、清掃、消毒が高頻度にできない箇所が沢山あると認識しています。抗菌持続効果があるキンキラはそう言った環境面の衛生環境を向上させるので、ノートPC以外にも手摺や機器類の操作部シートとしても応用が可能です。来年度に向け本事業の開発チームが結成されましたので、更に用途が広がることを期待しています。

PAGE TOP